Thinking

街の風景も伝える道案内動画

街の風景も伝える道案内動画

アクセス動画を導入する企業や店舗、クリニック様の目的は様々です。

一番多いのが、当たり前ですがお客さんにわかり易く道を伝えることです。
更にその付加価値として、これまでホームページ滞在時間の向上や、問い合わせ電話の削減によるオペレーションの向上などもお伝えしてきました。

ここでは、特に矯正歯科医院(歯科医院)や整体など、しばらくの期間通い続ける必要が出てくる店舗の場合に役立つ道案内動画について深く考えてみたいと思います。

街の魅力も伝える

街の魅力とは、何度も通う中で、行き帰りにウィンドウショッピングが出来そうか、少し予約の前に駅についても喫茶店やファミリーレストランがあるかなどが意外にユーザーにとって必要な情報だったりします。
例えば上のケースでは、駅前にジョナサンがあることで、時間を潰すことに困らないことが、無意識の中でユーザーに伝えることが出来ます。

安心を伝える

安心を伝える効果として考えられるのが矯正歯科医院の道案内動画です。
お子さんの治療を親御さんが検討している場合が多くあります。
矯正治療は毎月の矯正装置の調整に医院へいくことになるため、道中安全な道か、帰りが暗い時間になっても大丈夫かという視点でチェックしていたりします。
上の動画のように、道中人が多く、明るい道だというのは昼間の映像からでも十分に伝えることが出来ます。

何を推したいのかが重要

単に道案内動画をGoProなどで撮影して公開することはだれでも出来ます。
しかし、何を伝えたいのかを徹底的に考えたうえで、高品質機材と撮影、そして編集を行うことによって大きな差が出てきます。

道案内動画一つを撮ってみても、単に道順をわかり易くするだけでなく、どのようにHPに埋め込み、そしてどのように活用するのかがとても重要になり、そういったポイントをしっかりと抑えたうえで効果性の高い動画を活用して頂ければと思っています。

関連記事一覧

New Contents